〜Game of gentleman,Tennis〜

テニスは、紳士のゲームと呼ばれています。
テニスと学校の話題を中心に日常を語ります。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 勉強中にφ(-"-;) | main | 朝起きたら(^o^;) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
最大の敵は自分( ̄ー ̄)
いまさっき、最後にテニスのイベントに参加して、いま帰りの新幹線に乗っています。

つ 疲れた(+_+)〜

では最後に、今日学んだ、というか感じた自論を一つ。

それは精神的な部分です。

なので、ひとそれぞれだと思いますのでご了承ください。

試合中、ミスショットをしました。¥xAD¥xF4( ̄口 ̄)

後にすごく引きずるんです(-"-;)

特にもの思いにふけって1時間普通に過ごせる僕はずっとそれが頭の中に残るんです。

しかも性格も後押しします。僕はミスるとテンションが下がるうえにイライラします。

そしてイライラするとどうなりますか?

そう、力むんです。

手打ちになって何でもない球をネットにかけたりしませんか?

共感した方、コメント下さ〜い(共感してなくてもいいっすよ)

話は変わりますが、コメント、アクセス数ともに低迷してます。

よろしくm(_ _)m



はい、まあそういうことです。

つまり、これはあくまで僕のパターンなんですが、自虐に走ります。

自虐にはしっていつのまにか足にアザができてたことも。(ホントです)

どうせ自分を痛みつけたってなんにもかわんないわけです。というかむしろアザなんてできたらプレーに悪影響です。

つまり、簡単に言ってしまえば試合中は自分との戦いなのです。

だからいいショットを打ったときの感覚を覚えておくのは一時的なものであっても大事なんですね。

自分をいかに制御できるか。

本能を理性で制御するのです。

僕はホントそれが出来ないんです。

どうしたらいいのでしょう。

僕的には音楽を聴いたら元気になれる気がします。

「試合中は?」

・・・・、あ、そうか。

いま試合中の話でした。

自分のルーティーンを見つけるしかないのかなぁ。

ルーティーンとはサービスの前にボールを3回つくと落ち着くとかいうやつです。

ガットを直したりとか。

でもそんなんじゃ別にかわんないっすよね┐(´ー`)┌

それならば、ニーチェの言葉を借りさせていただきまして、

つまり、「解釈のジレンマ」です。

物事には最初から「いい事柄」「悪い事柄」というものはなく、結局は自分の受け取りかた次第。

だから自分を豊かにしていけば悩みは解決!

自分を豊かにするには・・・・、多分自分を好きになればいいニーチェの言葉をよんでおもいました。(自分は大嫌いです)

自分を好きになるには自分を尊敬すること。

尊敬されているのにバカはしたくない。

そして自分自身が実際よくなっていく。

なんかすごい深く話してるきがしますが、

語るのはすきです(^_^;)

結果、自分を制御できるようになればいいですね。

長くなりましたが、最後まで読んだひとはいないだろうなぁ・・・・

え!そこの君!全部読んだって!

じゃあ記念にコメントしてって〜\(^_^)/

そういわれるとしたくなくなるかもしれないけど(笑)
| - | 20:50 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 20:50 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする